爪の簡単なお手入れの仕方

爪の簡単なお手入れの仕方について紹介します。
まず爪の簡単なお手入れに使う道具は、ステンレス製やガラス製の爪やすりと爪の表面の凸凹を整える爪やすり、そして甘皮を処理する時に使うオレンジウッドスティックです。
爪の簡単なお手入れの仕方は、まず爪を数分お湯に付けてうるかします。
そして爪の甘皮の部分をオレンジスティックを使って整えます。
そして爪の長さをステンレス製やガラス製の爪やすりで自分の好みの長さに整えます。
それから最後に爪の表面を爪やすりの細かい目の物で整えます。
このように爪のお手入れを行えば、素爪でも綺麗で清潔感のある爪にすることが出来ます。
マニュキアを塗らなくてもナチュラルで綺麗な爪にすることが出来ます。
マニュキアは成分的にあまり体に良いものでは無いので、なるべく爪に付けないほうが良いと思います。
そしてマニュキアを爪に塗ると、爪が圧迫されて爪呼吸が出来なくってしまうと思います。
なので爪にはマニュキアを塗らないほうが良いと思います。
そして今ネイルサロンで流行っているスカルプネイルやジェルネイルなどのネイルも、爪を圧迫させて爪呼吸が出来なくなってしまうので、なるべくそういったネイルはしないほうが良いと思います。