映画オデッセイ

今日観たDVD作品のタイトルはオデッセイ。みる前は予告の情報からすごく暗い映画なのかなと思っていましたが、とっても明るくて希望のあるドキドキわくわくさせてくれる楽しい映画でした。

火星に一人だけ取り残されてしまった宇宙飛行士が助けが来るまで生き延びるというストーリーです。しかも彼は死んだと思われていたため、救援は期待できないのです。問題を何とか解決しようとする、あきらめない姿に感動しました。

マット・デイモンが主役でとてもかっこよかったです。冒頭に怪我をするシーンがあり、自分で処置をしますが痛そうで痛そうで、映画館で観なくてよかった、と心から思いました。

ひとつずつ問題を解決していくのですが、その思考が本当にポジティブで考えさせられました。例えば火星という不毛の地で備蓄の食料が少ないとなったら普通だったら節約して食べるぐらいしか思い浮かばないと思うのですが、彼はジャガイモの栽培を始めます。水は??と思ったら、それも解決していきます。そして次々と問題が起こるたびに、考えて考えて解決策を見出していくのです。私が宇宙へ行くことなど決してないし、そんなサバイバルをしなくてはならない状況になることはほぼ0%だと思います。しかし何でもすぐにあきらめる癖を見直さなくては、と思いました。

最後のあたりではマット・デイモンが痩せ細っているのですが、裸のシーンは別人かな、と思いました。顔は映っていませんでしたし。痛々しかったです。

そして脇役もとてもよかったです。シリアスになりすぎず、ユーモアを忘れず、見ていて本当に楽しかったです。リドリー・スコット監督がこんなにいい映画を撮れる人だと思いませんでした。オデッセイ、観てよかったです。