セラミド化粧品、帽子、日傘、サングラス

年齢を重ねるごとに肌のお手入れも念入りになるもの。
年齢相応のシミやしわは、仕方ないというか、生きてきた証とも思っているので、そんなに気にしないようにしています。
ただし、「年齢相応」というのが重要ポイント。実年齢より老けて見えるのは本当に嫌だし、そうならないための対策はしっかり取っておきたいと常日頃思っています。
目尻のしわは、笑いじわでもあるし、まぁよしとしても、眉間のしわは見た目も悪いし、険悪な気持ちで年を重ねてきたような印象になるので、そこは入念に角質を取り、乳液などをしっかりめに塗って乾燥を防ぎ、しわが出来にくいようにしています。
セラミド化粧品のおすすめ | 人気化粧水や美容液で肌の乾燥ケア
しわが出来るということは、その部分が乾燥していることが多いので、出来るだけ乾燥しないように気を配っています。
乾燥予防にはセラミドがベストでしょう。
セラミドは湿度が0でも水分を逃がさないそうです。
セラミドの中でもヒト型セラミドが肌への浸透力が高いのだとか。
特に、秋冬は乾燥しがちなので、手触りや化粧のノリを確認して、ケアも手厚めにしています。また、シミについては、やはり紫外線対策が最重要ポイントなので、紫外線が弱まる冬の間でも、UVケアは欠かさないようにしています。
夏場は、たとえ暑くても、帽子にサングラス、日傘の3点セットを欠かさず身に着けて外出するようにしています。
子供には「怪しい人みたいにみえる」と笑われますが、「大人はいろいろ大変なの!」と言い返しています。